宮崎県移植推進財団は、臓器移植医療の普及啓発に取り組んでいます。

お知らせ

グリーンリボンキャンペーン2021を開催しました。

10月は、臓器移植普及推進月間です。これに合わせて10月23日(日曜)にイオンモール宮崎でグリーンリボンキャンペーンを実施しました。ひなたテラスでは、バルーンツイスター ゆーき&リリー さんによるステージと、宮崎県のシンボルキャラクター みやざき犬のひぃくん・むぅちゃん・かぁくんによるダンスパフォーマンスが行われました。多くの方のご来場、ありがとうございました。また、私どもの活動の趣旨を理解くださり、快く出演を引き受けてくださった、バルーンツイスター ゆーき さん・リリー さん、みやざきキャラわん隊の皆さま、本当にありがとうございました。

本キャンペーンでは、臓器提供の意思表示は ❝ これから先の自分と家族へ伝えるもの ❞ 臓器提供に YES でも NO でも いいので自分自身の意思を考え、意思表示欄に記入をしていただくことをお伝えしました。

家族や知り合いと臓器移植について話すことや、SNSで「いいね!」を押して、広めるだけでも立派な社会貢献になります。皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

グリーンライトアップが始まりました

臓器移植法が施行された10月16日は、家族や大切な人と「移植」のこと、「いのち」のことを話し合い、お互いの臓器提供に関する意思を確認する「グリーンリボンデー」となっています。

これにあわせて、宮崎県庁本館で、11日からグリーンのライトアップが始まりました。

多くの人が持ち、身近になりつつある健康保険証や運転免許証の裏面などの、臓器提供の意思表示は、「未来の自分や家族へのメッセージ」でもあります。臓器提供にYESかNOか自分自身の意思を考え、意思表示欄に記入することで、自分以外の人にもその意思を伝えることができます。この機会に臓器提供について知っていただき、自分自身の意思を考えていただきたいと思います。

宮崎県庁のグリーンライトアップは、17日まで、日没後から午後10時まで行われます。

また、全国各地でも、同様のライトアップが行われます。( 詳細

10月は臓器移植普及推進月間です

現在、国内の移植待機者は約1万5千人いるのに対し、臓器提供によって救われる命は、年間わずか300人という厳しい現実で、多くの方が移植の機会を待ちながら亡くなっています。移植医療は他の医療とは異なり、見知らぬ人を救おうとする善意による臓器提供があって成り立つ医療で、それには社会の理解が不可欠です。そのため、当財団では、毎年10月の臓器移植普及推進月間を中心に、グリーンリボンキャンペーンを実施し、移植医療についての正しい知識の啓発や臓器提供に関する意思表示欄の認知及び臓器を提供する・提供しない意思の記入を促進しています。

○ 宮崎県庁グリーンライトアップについて

10月11日(月)~10月17日(日) 日没後から午後10時まで(ただし、10月13日(水)を除く)

また、グリーンリボンデーの10月16日(土)を中心に、全国各地の著名なランドマークや建物も同時にライトアップされます。

全国各地のライトアップの日程や場所等の詳細は こちら 

○ グリーンリボンキャンペーン2021について

日 時:10月23日(土) 【開演】 第1部 11:00 ~ 12:00、第2部 13:00 ~ 13:30

場 所:イオンモール宮崎 hinataテラス

参加費:無料(事前申込不要)

主な内容:バルーンツイスター ゆーき&リリー ステージ 、 みやざき犬によるダンスパフォーマンス

詳細は、キャンペーンのお知らせ(pdf) をご覧ください。

 

 

情報誌「MOTTO」45号を発刊しました。

令和3年7月に情報誌「MOTTO」45号を発刊しましたので掲載いたします。ご覧ください。

MOTTO45号(PDF)

また、賛助会員・寄付の状況に令和2年度分を追加いたしました。たくさんの皆様に御支援いただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

宮崎県移植推進財団に関する情報公開資料(定款・決算書等)は、「宮崎県移植推進財団について」に掲載しています。
MENU
PAGE TOP